ケビン・デュラント ウォリアーズについて「これまで自分がやってきたこととは違う」

【スポンサーリンク】

リーグを代表するスコアラーであるケビン・デュラントは、自身のプロキャリアで初となる移籍を経験した。

これまでとは異なる文化、異なるシステムの下でプレイすることになったデュラントは、その違いを学んでいる最中のようだ。デュラントのコメントをFOX Sportsが伝えている。

「バスケットボールのゲームについて、まだたくさん学ばないといけないことがある。俺が自分が思ってるよりゲームについて頭が良くない。これまでのプレイとは違うプレイがここにはあるんだ」

「これまでのチームメイトたちや組織を非難してるわけじゃないよ。ここは違う。ここは楽しい。今までプレイした場所も楽しかった。だけど、その本は閉じられたんだ」

オクラホマシティ・サンダーを離れ、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンなどスタープレイヤーを擁するゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したことについては批判が集まっているが、批判を覆すためには実績で示すほかない。

ボールシェアなどまだたくさんの課題を抱える中、新天地でのデュラントのパフォーマンスには自ずと注目が集まるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA