ビベク・ラナディベ「ジョージ・カールはデマーカス・カズンズをトレードしようとしてた」

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスを率いていたジョージ・カールとデマーカス・カズンズの関係には亀裂があると噂されていた。

それが原因のひとつとなり、キングスはカズンズのトレードを狙っていたとされているが、チームのオーナーを務めるビベク・ラナディベがトレードの噂を肯定した模様。

ラナディベは当時を振り返り、次のようにコメント。USA Todayが伝えている。

「知っての通り、ジョージはカズンズをトレードで放出しようとしてた。夏を通してね。二人の間にはたくさんの愛がなかった。緊張感があったんだ」

結果的にキングスはカールを解雇し、デイビッド・イェイガーを新ヘッドコーチに起用。

カズンズとイェイガーHCの関係は現時点で良好であり、トレードの噂は消失した。

とはいえ、2016-17シーズンで一定以上の結果を残すことができなければ、2017-18シーズンで契約が満了となるカズンズには再びトレードの噂が浮上するかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA