スティーブ・カーHC「SNS時代ならマイケル・ジョーダンはもっとタイトルを獲得しただろう」

【スポンサーリンク】

1990年代後半はマイケル・ジョーダンの時代だった。

シカゴ・ブルズに6度のタイトルをもたらし、世界中のファンを魅了したジョーダンだが、もしジョーダンが今日のようなSNS時代でプレイしてたらどうなっていたのだろうか。

TwitterなどのSNSで批判され、それにショックを受けるプレイヤーもいれば、逆にモチベーションに変えるプレイヤーもいる。

ジョーダンと共に3度のタイトル獲得を経験した現ゴールデンステイト・ウォリアーズHCのスティーブ・カーは、ジョーダンは後者のタイプのプレイヤーだったと考えているようだ。カーHCのコメントをESPNが伝えている。

「SNS時代に彼(ジョーダン)がプレイしてたら、もっとタイトルを獲得してただろうね」

数々の偉業を達成し、多くの偉大なプレイヤーにも影響をもたらしたジョーダン。

その最大の強さはメンタルにあったのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA