NBAのガイドラインでバスケットボールへの集中は14歳以上推奨に

【スポンサーリンク】

プロとして成功を収めた多くのトップアスリートは、子供の頃に他のスポーツを経験しているという。

この状況を鑑み、NBAとUSAバスケットボールは新たなガイドラインを策定したようだ。

thescore.comによると、NBAとUSAバスケットボールは、組織に所属するバスケットボールプレイヤーは最低でも週に1日は休養をとり、フィジカルとメンタルの回復のために年に一度は長期休養を取ることを推奨するという。

医療専門委員会や元プレイヤー、コーチ、管理者などの意見を取りまとめたうえで策定され、またバスケットボールに集中するのは14歳以上を推奨するようだ。

専門のスポーツドクターによると、子供の頃に複数のスポーツをすることが、バスケットボールプレイヤーとしての成長を遅らせることはないとのこと。

むしろ、スポーツでの成功へ向け、強い基盤が形成されやすいという。

もちろん強制的なものではないのだろうが、このガイドラインが世界基準になる日も訪れるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA