タイロン・ルーHC「トリスタン・トンプソンにジャンパーを打たせる」

【スポンサーリンク】

2016-17シーズンのトリスタン・トンプソンは、新たなオフェンススタイルを披露してくれるかもしれない。

タイロン・ルーHCはトンプソンにジャンパーの本数を増やすよう要求し、オフェンスレンジの拡大を狙っているという。

ルーHCはトンプソンについて次のようにコメント。Cleveland Plain Dealerが伝えている。

「良いマッチアップだったら、彼(トンプソン)はポストでジャンパーを打つようになるだろうね。彼はジャンプショットのトレーニングをしてきたし、自信を持ってる。今季は彼にジャンプショットを打たせるつもりさ」

トンプソンの得点のほとんどはリム周辺だが、ジャンパーを取り入れることにより、カイリー・アービングやレブロン・ジェイムスがドライブするスペースが生まれるだろう。

この夏を通してジェイムス・ポージーと共にジャンパーのトレーニングに励んだというトンプソン。

クリーヴランド・キャバリアーズの新たなオフェンスオプションとして機能し、チームに新たなスタイルをもたらせるだろうか。

なお、昨季のトンプソンはレギュラシーズン82試合に出場し、平均27.7分のプレイで7.8得点、9.0リバウンド、0.8アシスト、FG成功率58.8%、フリースロー成功率61.6%を記録。

プレイオフでは21試合に出場し、平均29.6分のプレイで6.7得点、9.0リバウンド、0.7アシスト、FG成功率52.7%、フリースロー成功率57.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA