タイ・ローソン 遠征不参加の理由は「ラスベガスでパーティー」

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのタイ・ローソンは、ケンタッキーで行われたワシントン・ウィザーズとの遠征に帯同しなかった。

キングスはローソンの欠場の理由を「個人的理由」とし、ローソンに理由を説明するよう求めていたが、どうやらラスベガスで遊びほうけていたようだ。

TMZ Sportsによると、ローソンはチームメイトのベン・マクレモア、ウィリー・コーリー・ステイン、ボクサーのエイドリアン・ブローナーらと共にラスベガスのナイトクラブでパーティーを楽しみ、これが影響してチームの遠征に帯同しなかったという。

マクレモアとコーリー・ステインは遠征に帯同し、ウィザーズ戦に出場したことから、ローソンは寝坊をしてしまった可能性も否定できない。

キャリアの復活をかけてキングスと1年契約を結んだローソンだが、今回の問題はまたしてもキャリアに傷を付けることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA