スパーズ シーズン中にラマーカス・オルドリッジをトレードか?

【スポンサーリンク】

ポートランド・トレイルブレイザーズで9シーズンを過ごした後、ラマーカス・オルドリッジは4年8400万ドルの契約でサンアントニオ・スパーズに移籍した。

だが、シーズン途中にスパーズを離れる可能性があるようだ。

ESPNによると、スパーズはオルドリッジがチームのシステムに順応しておらず、シーズン中にトレードで放出することを検討しているという。

スタッツでは結果を残しているものの、パスを回し、効率的に得点を重ねるというスパーズのシステムにおいて、オルドリッジは自身の居場所を見つけることができていない。

ティム・ダンカンが現役を退き、パウ・ガソルが新たに加わったことにより、オルドリッジの役割にも変化が生じると思われるが、オールスターブレイクまでに一定の結果を残すことができなければ、トレードの噂が加速することになるだろう。

なお、ボストン・セルティックス、トロント・ラプターズ、ニューヨーク・ニックスがオルドリッジ獲得に動くと噂されている。

昨季のオルドリッジはレギュラーシーズン74試合に出場し、平均30.6分のプレイで18.0得点、8.5リバウンド、1.5アシスト、1.1ブロックショット、FG成功率51.3%、フリースロー成功率85.8%を記録。

プレイオフでは10試合に出場し、平均33.7分のプレイで21.9得点、8.3リバウンド、1.0アシスト、1.4ブロックショット、FG成功率52.1%、フリースロー成功率89.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA