シクサーズ移籍のジェリッド・ベイレス 手首靭帯損傷で2週間以上離脱へ

【PR】

間もなく開幕する2016-17シーズンを前に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズは負傷離脱者続出というピンチに直面している。

ルーキーのベン・シモンズが第5中足骨の骨折で離脱すると、ナーレンズ・ノエルも左膝の炎症で離脱。

さらに、このオフに3年2700万ドルで契約したジェリッド・ベイレスまで離脱することとなったようだ。

シクサーズによると、ベイレスは左手首の靭帯を損傷し、2週間後に再検査を受ける予定だという。

つまり、開幕戦出場は絶望的だ。

一方で、手術の必要がないということは不幸中の幸いだろう。

ベイレスの負傷離脱により、シクサーズは先発見込みだったシモンズ、ノエル、ベイレスを欠いた状態でしばらく戦わなければならなくなった。

なお、昨季のベイレスはミルウォーキー・バックスでレギュラーシーズン52試合に出場し、平均28.9分のプレイで10.4得点、2.7リバウンド(キャリアハイタイ)、3.1アシスト、FG成功率42.3%、3P成功率43.7%(キャリアハイ)を記録。

キャリア8年を通してポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、トロント・ラプターズ、メンフィス・グリズリーズ、ボストン・セルティックス、バックスで通算510試合に出場し、平均21.2分のプレイで8.5得点、2.1リバウンド、2.9アシスト、FG成功率41.5%、3P成功率36.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読