肩手術のケリー・オリニク 復帰は11月中旬か?

【PR】

ボストン・セルティックスのビッグマン、ケリー・オリニクは、シーズン終了後の5月に右肩を手術した。

手術後、オリニクは復帰まで5カ月程度を擁するとされ、10月にはプレイできる状態まで回復する見込みだった。

その後、リハビリが遅れていることが明らかになり、復帰は開幕戦後と報じられたが、さらに遅れることになりそうだ。

セルティックスのダニー・エインジ球団社長は、オリニクの復帰について次のようにコメント。98.5 The Sportsが伝えている。

「ケリーは開幕戦に間に合わないだろうね。我々は11月中旬に復帰すると見てる」

リハビリは続けているものの、コンタクトありのトレーニングは許可されていないという。

一方、ベンチのキープレイヤーであるマーカス・スマートもプレシーズンゲームで足首を負傷し、開幕戦を欠場する見込みだ。

アル・ホーフォードを新たに加え、さらなる躍進が期待されているセルティックスだが、序盤は怪我に悩まされることになるかもしれない。

なお、昨季のオリニクはレギュラーシーズン69試合に出場し、平均20.2分のプレイで10.0得点、4.1リバウンド、1.5アシスト、FG成功率45.5%、3P成功率40.5%(キャリアハイ)を記録。

キャリア3年では通算203試合に出場し、平均20.8分のプレイで9.6得点、4.7リバウンド、1.6アシスト、FG成功率46.5%、3P成功率37.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読