ジェイムス・ハーデン「ディフェンスを改善しないと」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンはリーグトップクラスのオフェンスを誇る一方で、ディフェンスについては問題視されている。

それがロケッツの躍進を妨げるひとつの要員とも言えそうだが、ハーデンは自身の問題点を把握し、改善に取り組むことを約束した模様。

ハーデンは自身のディフェンスについて次のようにコメント。the Houston Chronicleが伝えている。

「俺は(ディフェンスを)改善しないといけない。改善するよ。ディフェンスとオフェンス両方できるってことを、俺は分かってる。昨季の俺はぼーっとしてた。みんなで越えてみせるよ」

ディフェンスに定評のあるパトリック・ビバリーは負傷離脱したため、ハーデンにかかるディフェンスの負担は大きくなるだろう。

一方で、エリック・ゴードンとライアン・アンダーソンの加入は、ハーデンのオフェンスの負担を軽くする。

2016-17シーズンのハーデンはディフェンスを改善し、シャキール・オニールにいじられないシーズンとすることができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA