ディアンジェロ・ラッセル 開幕戦を終え「ホームゲームのような感じだった」

【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントが現役を退き、新たなチームとして開幕を迎えたロサンゼルス・レイカーズは、ホームゲームとなった2016-17シーズン初戦を白星で終えた。

その立役者のひとりだ、キャリア2年目のポイントガード、ディアンジェロ・ラッセルだ。

ラッセルは開幕戦を振り返り、次のようにコメント。The Verticalが伝えている。

「ホームゲームのような感じだったよ。昨季はコービーと彼のファンがいた。最後まで諦めないレイカーズファンとコービーファンがいた。だけど、ファンが認めてくれる男は少なかった。でも今は違う。ホームゲームのように感じるよ」

「ユタやヒューストンに行くと、彼らは彼らのチームを応援する。ここは本場のNBA。みんなショーを観戦しに来てる。誤解しないでくれ。彼ら全員はレイカーズファンであり、素晴らしい。ただ、彼らはまたショーを観たがってるんだ」

マジック・ジョンソン時代のショータイムバスケットボールや、ブライアントの華麗なパフォーマンスを目にしてきただけに、レイカーズファンが求めるレベルは高い。

新生レイカーズは華やかな時代を取り戻せるだろうか。

それにはラッセルやジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドル、ブランドン・イングラムなどの成長が不可欠だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA