マイク・ダントーニHC「ジェイムス・ハーデンに倍の平均アシスト数を求める」

【PR】

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンは、リーグを代表するスコアラーのひとりだ。

だが、ロサンゼルス・レイカーズとの開幕戦ではスコアリング能力だけでなく、非凡なプレイメイキング能力を披露し、キャリアハイとなる17アシストを記録した。

ターンオーバーは気になるところだが、今季からロケッツを指揮するマイク・ダントーニHCは、スコアリングできるプレイメイカーとしてハーデンに平均二桁のアシストを求めているようだ。

ダントーニHCはハーデンについて次のようにコメント。Bleacher Reportが伝えている。

「できれば、倍のアシスト数を記録してもらいたい。昨季の彼は1試合で7~8本のアシストを記録してたよね。平均でその倍を記録できるし、私はそれを望んでる。私が見てきた中で、彼はベストパサーのひとりなんだ」

つまり、ダントーニHCはハーデンに平均15アシストを求めるということになるが、簡単なことではない。

1989-90シーズンにユタ・ジャズのジョン・ストックトンでさえ、平均14.5アシストだった。

ハーデンはレジェンドと肩を並べるだけのアシストマシーンとなれるだろうか。

なお、ハーデンはレイカーズとの開幕戦で37分プレイし、34得点、8リバウンド、17アシスト、1スティール、7ターンオーバー、FG成功率47.4%、3P成功率14.3%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読