グレッグ・ポポビッチHC「ティム・ダンカンは宇宙の中心のような存在だった」

【PR】

ティム・ダンカンが現役を退いたにもかかわらず、グレッグ・ポポビッチHC率いるサンアントニオ・スパーズは開幕戦でゴールデンステイト・ウォリアーズを圧倒した。

これからのスパーズを牽引していくであろうカワイ・レナードを中心に、ジョナサン・シモンズなど新顔も躍動したスパーズだが、これまでのスパーズを牽引してきたトニー・パーカーとマヌ・ジノビリは、ダンカンの不在がいずれ影響を及ぼすだろうと危惧している。

もちろんポポビッチHCもそれを危惧していることだろう。

ダンカンの影響力について、ポポビッチHCは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「ティムがいなくなった。彼は我々全員にとってお守りのような存在だったんだ。たとえうまくいかなかったとしても、彼は宇宙の中心のような存在であり、その周りでどうすれば良いのかみんな理解してた。重要な男がいなくなった。誰がその役割を引き継ぐのか、我々は待ち、見ていかないとね」

スパーズは次戦、デマーカス・カズンズ率いるサクラメント・キングスとアウェーで戦う。

キングスにとっては新アリーナであるゴールデン1センターでの初試合となるため、高いモチベーションでサンズ戦に臨むだろう。

スパーズはキングスを下し、勢いに乗れるだろうか?

キングスとの開幕第2戦は日本時間28日、午前11時30分ティップオフだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読