グレッグ・オデン 学校のコーチ就任で「現役は終わった」

【PR】

元ドラフト1位プレイヤーであるセンター、グレッグ・オデンは、度重なる負傷やプライベートでの問題により、NBAでスターダムを駆け上がることができなかった。

とはいえ、リーグトップクラスのスコアラーとして活躍しているケビン・デュラントと同期であるだけに、まだ現役復帰の可能性はゼロではないと思われるが、28歳のオデンは現役復帰を諦めた模様。

Indianapolis Starによると、オデンはオハイオ州の学校のコーチに就任したという。

オデンはコーチ就任と現役引退について次のようにコメントしている。

「バスケットボールに関わっていたかった。コーチになることがそのチャンスを与えてくれたんだ」

「俺は今でも人生の理解に努めてる。俺が知ってるすべてはバスケットボールだった。自分自身をより良くし、家族の未来のために準備しようとしてるんだ」

「(現役は)終わった。後悔してるとは言わないよ」

昨季は中国リーグでプレイしたオデンは、帰国後に大学に復学し、現在はスポーツ産業を専攻しているという。

度重なる怪我に悩まされた当時はアルコール依存性に陥り、またヒートでのシーズンを終えた後に暴力行為で逮捕されたオデン。

プロとして偉業を達成することはできなかったが、第2の人生では成功を収めてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読