エリック・スポエストラHC ドウェイン・ウェイドのショットについて「ドウェイン・コーバーのよう」

【PR】

この夏にマイアミ・ヒートを離れ、ホームチームであるシカゴ・ブルズと契約したドウェイン・ウェイドは、ボストン・セルティックスとの開幕戦で勝利を決定づける3Pを成功させた。

この試合で6本中4本の3Pを成功させ、ブルズを勝利に導いたウェイドだが、ヒートでウェイドをコーチングしてきたエリック・スポエストラHCも、キャリアで3P成功率28.6%にとどまっているウェイドのショットに驚いたようだ。

スポエストラHCは開幕戦でのウェイドのパフォーマンスについて次のように言及。the Miami Sun Sentinelが伝えている。

「シュート。今の彼(ウェイド)はドウェイン・コーバーのようだよね。彼を馬鹿にしちゃいけない。プレイオフでタイトにディフェンスされた時、彼はそんなスタッツを残してきた。彼は必要とされた時に応えることができる。求められるものなら何でも適応できるということさ」

一方、ヒートで4年間共にプレイしたレブロン・ジェイムズも、ウェイドの精度の高い3Pを喜んでいる。

「14年間、彼はあんな3Pを打ってこなかった。だけど、彼のあんなプレイを見られるのは良いことだと思うよ」

ウェイドはシーズンを通して精度の高い3Pショットを続け、ブルズをプレイオフ復帰に導けるだろうか。

なお、ウェイドは開幕戦で32分プレイし、22得点、6リバウンド、5アシスト、1ブロックショット、FG成功率38.9%、3P成功率66.7%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読