ホークス 解雇したライアン・ケリーと再度契約

【スポンサーリンク】

昨季までロサンゼルス・レイカーズでプレイしていたライアン・ケリーはロスターを勝ち取ることができず、その後FAとしてアトランタ・ホークスとトレーニングキャンプを結んだ。

だが、プレシーズン全6試合に出場するも解雇。

その後、ボストン・セルティックスと契約するも、再び解雇された。

そして、ホークスに再び戻ってきた模様。

ホークスの公式ホームページによると、ホークスはエディ・タバレスを解雇することでロスターに空きを作り、ケリーと契約したという。

怪我が多いプレイヤーではあるが、アウトサイドショットを打てるビッグマンとして、ホークスでキャリアを取り戻してもらいたいところだ。

なお、昨季のケリーはレイカーズでレギュラーシーズン36試合に出場し、平均13.1分のプレイで4.2得点、3.4リバウンド、0.6アシスト、FG成功率36.9%、3P成功率13.5%を記録。

キャリア3年では通算147試合に出場し、平均20.5分のプレイで6.5得点、3.3リバウンド、1.4アシスト、FG成功率38.1%、3P成功率31.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA