古巣と初対戦のケビン・デュラント「試合前の握手はしない」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したケビン・デュラントが、いよいよ古巣オクラホマシティ・サンダーと対戦する。

注目されるのは、やはりデュラントとラッセル・ウェストブルックのやり取りだろう。

これまで相棒としてサンダーを支えてきたデュラントとウェストブルックだったが、両者の関係にはヒビが入っていると噂されている。

デュラントは古巣との初対戦をどういう気持ちで迎えるのだろうか。

ウェストブルックとサンダーについて、デュラントは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「ラスは偉大なバスケットボールプレイヤー。俺は彼のプレイを観るのが大好きなんだ。彼のゲームのファンさ。悪いことは望んでない。俺はいつだって彼をサポートしてきたし、これからもサポートしていく」

「もちろん、対戦を楽しみにしてるよ。(ティップオフ前の)握手はしない。それって俺がこれまでやったことがないことなんだ。プレイするためにコートに出る。試合後は違うかもね」

デュラントは移籍後、ウェストブルックを批判するような発言は一切していない。

一方のウェストブルックはデュラントに関する話題には触れず、わだかまりを残しているようにも見える。

両者の初対面には自ずと注目が集まるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA