ケビン・デュラント「ウォリアーズのメンバーとして前に進む」

【PR】

ケビン・デュラント擁するゴールデンステイト・ウォリアーズと、ラッセル・ウェストブルック率いるオクラホマシティ・サンダーの今季初対戦は、ウォリアーズの圧勝で終わった。

39得点を記録する活躍で勝利に貢献したデュラントにとって、サンダーに別れを告げた一戦になったとも言えるだろう。

デュラントは試合後、次のようにコメント。the San Francisco Chronicleが伝えている。

「俺は前に進んでる。俺はゴールデンステイト・ウォリアーズの一員。このチームの一員になれて本当に興奮してるんだ」

また、ベンチに下がっていたエネス・カンターから何か言葉を投げかけられていたデュラントだが、このことに質問が及ぶと、こう回答した。

「今夜、彼はTwitterに何か投稿するだろうね。俺はそう確信してる」

ウォリアーズのホームゲームだったということもあり、ウェストブルックにはブーイングが浴びせられたが、サンダーのホームであるチェサピーク・エナジー・アリーナでの対戦では、デュラントに尋常ではないほどのブーイングが浴びせられるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読