ドレイモンド・グリーン「レイカーズは悪くない」

【PR】

ステフィン・カリー、ケビン・デュラントというMVPコンビとクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンというオールスタープレイヤーを擁するゴールデンステイト・ウォリアーズは、再建中のロサンゼルス・レイカーズにまさかの大敗を喫した。

勢いに乗った若いレイカーズを止めることができず、20点差で大敗。

エースのカリーも振るわず、3P成功連続試合数は157試合でストップしたが、グリーンはレイカーズを素直に評価しているようだ。

グリーンは新生レイカーズを次のように評価。Bleacher Reportが伝えている。

「彼らは悪くないよ。彼らはハンググリー。それに成長してるよね」

一方、チームハイの20得点を記録したジュリアス・ランドルも手応えを感じているようだ。

「昨季と比較して、今季の俺たちは何かのためにプレイしているように感じるんだ」

ショータイム時代のユニフォームに身を包み、見事大金星をあげてみせたレイカーズ。

プレイオフ復帰はまだ難しいと予想されているものの、ウォリアーズ戦でのパフォーマンスを目撃したファンは期待を抱いていることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読