ケビン・デュラント「オクラホマシティを気にかけ過ぎてた」

【PR】

この夏にゴールデンステイト・ウォリアーズと契約したケビン・デュラントにとって、先日のオクラホマシティ・サンダー戦はまさに古巣との決別となる試合となった。

これまでラッセル・ウェストブルックやオクラホマシティのファンに対する感謝の意を述べてきたデュラントだったが、これからはウォリアーズのためにだけプレイするだろう。

デュラントは元チームメイトたちへの、オクラホマシティファンへのこれまでの対応を振り返り、次のようにコメント。The Undefeatedが伝えている。

「俺はこれまで、みんなの気持ち、特にオクラホマシティのファンたち、元チームメイトたちの気持ちをデリケートなものにしようとしてた」

「彼らは気にしてないということを、俺は理解しなきゃいけなかった。彼らの気持ちやその他いろんなことを思いやろうとしてたんだ」

サンダーの面々とファンにとって、デュラントは間違いなく悪者となった。

デュラントとオクラホマシティの人間たちが分かり合えることはないだろう。

もし分かり合えるとしたら、レブロン・ジェイムスのように古巣に復帰した時だけなのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読