ネッツ ブルック・ロペスをトレードで放出?

【スポンサーリンク】

ブルックリン・ネッツは本格的な再建期を迎えている。

センターのブルック・ロペスを中心とし、この夏にはポイントガードのジェレミー・リンを獲得したネッツだが、ロペスは今季中に他のチームでプレイすることになるかもしれない。

ESPNによると、ネッツは良い条件であればロペスをトレードで放出する用意があるという。

ただし、ネッツ側はトレードを急いでというわけではなく、期限までに良い条件が提示されれた応じる構えのようだ。

かつては足の怪我に悩まされたロペスだが、ここ2シーズンは70試合以上プレイし、チームの柱となっている。

来季まで契約を残しているのもも、怪我のリスクを考えてのトレードだろうか。

なお、今季のロペスは5試合に出場し、平均25.2分のプレイで19.4得点、5.2リバウンド、0.8アシスト、0.4ブロックショット、FG成功率47.3%、フリースロー成功率80.0%を記録。

キャリア9年を通してネッツ一筋で通算492試合に出場し、平均32.6分のプレイで18.3得点、7.4リバウンド、1.4アシスト、1.7ブロックショット、FG成功率51.1%、フリースロー成功率79.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA