ドレイモンド・グリーン「アンドリュー・ボガットはリーグベストのリムディフェンダーのひとり」

【スポンサーリンク】

このオフにゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスに移籍したアンドリュー・ボガットが、オラクルアリーナに凱旋した。

ボガットの移籍により、ウォリアーズはインサイドのディフェンスに弱みを抱えたとされているが、それを誰よりも実感しているのはドレイモンド・グリーンなのかもしれない。

グリーンはボガットについて次のように言及。thescore.comが伝えている。

「ディフェンスはオフェンスのようなもの。ケミストリーが求められる。昨季の俺たちにはボガットが後ろにいて、リムを守ってくれてた。彼はそのポジションでベストのひとり、もしかしたらベストかもしれないね。今の俺たちにはザザ(・パチュリア)がいる。彼はポジション取りがうまいプレイヤー。だけど、彼は(ボガットとは)違う。俺たちは調整してるところなんだ」

残念ながら、オラクルアリーナ凱旋初試合は欠場したボガットだが、再び対戦する際にはディフェンス力の高さを見せつけてもらいたいところだ。

なお、今季のボガットは6試合に出場し、平均25.8分のプレイで3.7得点、10.8リバウンド、1.8アシスト、0.7ブロックショット、FG成功率40.7%を記録。

昨季はウォリアーズでレギュラーシーズン70試合に出場し、平均20.7分のプレイで5.4得点、7.0リバウンド、2.3アシスト、1.6ブロックショット、FG成功率62.7%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA