セス・カリー ステフィン・カリーとのマッチアップに「夢が実現」

【スポンサーリンク】

このオフにダラス・マーベリックスと契約したセス・カリーが、遂に夢のひとつを実現させたようだ。

兄のステフィン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズ戦に、セスはポイントガードのポジションで先発。

試合はステフィン率いるウォリアーズの圧勝に終わったが、セスにとっては感慨深いマッチアップになったことだろう。

そのセスは試合前、兄ステフィンとのマッチアップについてこう話していた。ESPNが伝えている。

「すごく楽しいだろうね。俺たち二人が同時にコートに立って対戦するのを見るのは、家族にとって良いことだと思うよ。リーグベストプレイヤーのひとりと、リーグベストのチームのひとつと対戦するのは楽しいし、俺たちにとって戦う夜になると思う。ベイエリアに戻ってファンのみんなの前でプレイするのはいつだって楽しいんだ」

「彼とマッチアップするのは、少し変な感じだよね。すべてを楽しみにしてる。正直に言うと、夢が実現するんだ。同時に同じコートに立つという俺たちの夢がね」

試合のほうはウォリアーズ圧勝という結果に終わったが、セスはスティールやドライブインなど随所に気迫あふれるパフォーマンスを見せた。

とはいえ、デロン・ウィリアムスとJJ・バレアが欠場中での先発出場だ。

兄カリーを対戦し続けるためにも、ベテランを追い越し、先発ポイントガードの座を勝ち取りたいところだ。

なお、ウォリアーズ戦でセスは約35分プレイし、10得点(FG17本中4本、3P9本中2本)、1リバウンド、9アシスト、5スティール、2ブロックショットを記録。

一方、兄のステフィンは約31分プレイし、24得点(FG12本中8本、3P8本中4本)、3リバウンド、6アシスト、1スティールを記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA