トレイ・バーク「ジャズは俺を壊そうとしてた」

【スポンサーリンク】

このオフのトレードでユタ・ジャズからワシントン・ウィザーズに移籍したトレイ・バークは、キャリア4年目を迎えている。

かつてはオールルーキーチームに選出されるなど将来を嘱望されたバークだが、ダンテ・エクサムなど若手ポイントガードの対等により、バークの出場機会は激減。

そしてこのオフのトレードに至ったわけだが、バークはジャズにキャリアを破壊されたと感じているのかもしれない。

バークは古巣ジャズを次のように批判。thescore.comが伝えている。

「彼ら(ジャズ)は俺を壊せなかった。彼らは俺を壊そうとしてた。だけど、彼らは俺を壊せなかったんだ」

「知ってると思うけど、彼らは俺にコーチの決断による欠場を強いてたよね。みんなにこう言われたよ。『どうなってるの?なんでプレイしないの?』とね」

「前を向き続けたよ。知っての通り、俺は素晴らしいチームの一員だった。俺は一度だって不満を漏らしたことはなかった。毎日ハードに働いて、チャンスを待ってたんだ」

そう話すバークだが、移籍したウィザーズでは出場時間が激減している。

とはいえ、友人でもあるジョン・ウォールとブラッドリー・ビールの存在は、バークの心に安定をもたらすだろう。

まだ24歳と若いだけに、早くキャリアを取り戻してもらいたいところだ。

なお、今季のバークは8試合に出場し、平均13.5分のプレイで5.3得点、0.9リバウンド、1.1アシスト、FG成功率51.4%、3P成功率50.0%を記録。

キャリアでは通算218試合に出場し、平均27.6分のプレイで11.9得点、2.4リバウンド、4.0アシスト、FG成功率38.5%、3P成功率33.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA