シャキール・オニール「デマーカス・カズンズはリーダーシップを見せてない」

【PR】

サクラメント・キングスは今季も苦しい状況を強いられている。

再建中であるロサンゼルス・レイカーズに逆転負けを喫するなど、勝利の波に乗れないキングスだが、キングスのマイノリティオーナーのひとりであるシャキール・オニールは、デマーカス・カズンズに疑問を感じているようだ。

オニールによると、キングスが再建できないようであれば、カズンズを放出する可能性があるという。オニールのコメントをCBS Sportsが伝えている。

「(キングスがプレイオフ進出を逃して)10年経った。長いよね。彼らなら(プレイオフに進出)できると思う。だけど、それはリーダーのデマーカス・カズンズ次第さ」

「知ってると思うけど、彼はこれまでたくさんの過ちを犯してきた。短気だ。素晴らしいリーダーシップをまだ見せてくれてない。彼はリーグにおいてベストセンターの一人だけど、レジー(・ミラーは)こう言ってたよね。『彼は短気、彼は短気』」

「もし突き進みたいなら、かれはリーダーにならないといけない。偉大なプレイヤーたちはそうしてる。彼らはみんなを巻き込むんだ。もし彼がそのようなプレイをして、彼をサポートする男がいれば、もしかしたらこっそりと上位に食い込むかもね。でも、かれはまだリーダーシップを見せてくれてない。」

「もし物事が正しい方向に進まないようなら、彼ら(キングス)は違う方向を見るかもしれないね。それが俺が聞いたこと」

カズンズを中心とし、サポーティングメンバーを揃えてきたキングスだったが、少なくとも現時点ではうまく機能していない。

カズンズの契約は来年夏で満了となる。

かねてからトレードの噂が出ていたカズンズだが、キングスは大きな決断を迫られることになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読