ドワイト・ハワード「3ポイントショットを打ちたい」

【PR】

この夏にアトランタ・ホークスに移籍したドワイト・ハワードは、チームの中心のひとりとして勝利に貢献している。

一方で、リムプロテクターとしての存在感を発揮しているハワードだが、フリースローは相変わらずだ。

しかし、フリースローより長いレンジのショットを試合中に打つことになるかもしれない。

ハワードによると、いずれは試合中の3Pショットを打ちたいと考えているという。ハワードのコメントをCBS Sportsが伝えている。

「毎日の練習の中で実際にみんなが取り組んでることなんだ。いつか起こるだろうね」

「シーズン序盤である現時点では、あらゆるオフェンシブリバウンドとディフェンシブリバウンドを奪いにいく仕事をしてるし、それを確認しなきゃいけない。それからオフェンスが来る。何本か3Pを打ちたいんだ。自分とチームの幅を広げることになると思うからね。でも、チームは現時点で俺にペイントエリアを支配することを求めてる」

冗談半分にも聞こえるハワードのコメントだが、ハワードはオフシーズンを通してジャンパーや3Pショットの練習に取り組んだ。

キャリアを通して3Pショットを54本放ち、うち5本を成功させているハワードだが、3Pショットを武器のひとつとする日は来るのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読