ジェイムス・ハーデン「サンダーはワンマンショー」

【PR】

ケビン・デュラントを失ったオクラホマシティ・サンダーは、ラッセル・ウェストブルック中心のチームに生まれ変わった。

ウェストブルックはトリプルダブルを量産し、サンダーは6勝1敗というフランチャイズ史上最高のスタートダッシュに成功。

だが、ここにきて4連敗を喫し、雲行きが怪しくなってきている。

かつてサンダーでシックスマンとしてプレイし、現在はヒューストン・ロケッツでスコアリングできるポイントガードとして活躍しているハーデンは、ウェストブルック率いるサンダーをこう評価。ESPNが伝えている。

「ラスのチーム。ワンマンショーだね」

かつてもボールも持ちすぎが批判されたウェストブルックだが、トリプルダブルを量産するパフォーマンスにより、それまでの酷評を一蹴。

しかし、デュラントを失ったサンダーがプレイオフ進出を逃した場合、かつげの議論に再び火がつくことになるかもしれない。

一方、今季のハーデンはアシストを量産し、ポイントガードとしての才能の片鱗を発揮しつつある。

ウェストブルックとハーデンは日本時間17日に対戦予定。

両チームとも環境が変わっただけに、注目の一戦となりそうだ。

なお、今季のウェストブルックは11試合に出場し、平均34.3分のプレイで32.0得点、9.7リバウンド、9.9アシスト、1.1スティール、5.3ターンオーバー、FG成功率44.2%、3P成功率33.9%を記録。

昨季はレギュラーシーズン80試合に出場し、平均34.4分のプレイで23.5得点、7.8リバウンド、10.4アシスト、2.0スティール、FG成功率45.4%、3P成功率29.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読