スパーズ ティム・ダンカンの背番号21を永久欠番に

【PR】

昨季限りで現役を引退したティム・ダンカンの背番号21ユニフォームが、サンアントニオ・スパーズのホームアリーナであるAT&Tセンターに掲げられることになった。

スパーズによると、ダンカンの背番号21を永久欠番とし、そのセレモニーを日本時間12月18日に執り行うという。

ダンカンが現役引退を発表したのは今年7月。

それからわずか4カ月後に永久欠番になることが決まった。

スパーズのダンカンに対する敬意の表れなのか、異例の早さともいえるだろう。

とはいえ、コービー・ブライアントのように”お別れツアー”でダンカンを送り出すことができなかっただけに、永久欠番セレモニーは大いに盛り上がることとなりそうだ。

なお、これまでスパーズではデイビッド・ロビンソン、ジョージ・ガービン、ショーン・エリオット、ブルース・ボーエン、エイブリー・ジョンソン、ジョニー・ムーア、ポール・サイラスの背番号が永久欠番となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読