ドワイト・ハワード 肘打ち退場について「謝らない」

【スポンサーリンク】

アトランタ・ホークスのドワイト・ハワードは先日、シャーロット・ホーネッツのコディ・ゼラーの頭に肘打ちを見舞い、フレイグラントファウル2で退場処分となった。

ハワードを失ったホークスはホーネッツに4点差で敗れ、連勝は6でストップ。

ハワードの退場が敗戦のひとつの要因のようにも思えるが、ハワードは肘打ち行為について次のように釈明。ESPNが伝えている。

「彼(ゼラー)の顔面を殴ろうと思ってやったんじゃない。俺の仕事は自分の家を守ること。何としてもね。だから、あの行為について謝るつもりはないよ」

この試合でハワードは約31分プレイし、10得点、18リバウンド、2アシスト、3スティール、2ブロックショットを記録。

一方、マッチアップしたゼラーはキャリアハイとなる23得点を記録した。

ホークス躍進のためにも、ハワードには冷静かつ熱いプレイを期待したいところだ。

なお、今季のハワードは11試合に出場し、平均28.5分のプレイで14.4得点、12.8リバウンド、1.4アシスト、1.5スティール、1.7ブロックショット、FG成功率60.6%、フリースロー成功率48.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA