デイビッド・フィッツデールHC「アンドリュー・ウィギンスはコービータイプ」

【PR】

キャリア3年目を迎えているミネソタ・ティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンスは、スタッツ上で顕著な成長を示している。

まだ12試合を終えた時点ではあるものの、平均得点は昨季より5.0得点アップ。

好不調の波が見られるが、間違いないウルブズのエースと言えるだろう。

かつてアシスタントコーチとしてドウェイン・ウェイドやレブロン・ジェイムスを見てきたメンフィス・グリズリーズのデイビッド・フィッツデールHCは、ウィギンスにコービー・ブライアントの面影を見ているのかもしれない。

フィッツデールHCはウィギンスを次のように評価。ESPNが伝えている。

「彼(ウィギンス)は本当にコービー・ブライアントタイプのプレイヤーに変わったよね」

まだ21歳と若く、スーパースターへの成長が期待されてるウィギンス。

怪我が少ないのも成長を加速させている要因のひとつだろう。

今後も成長を続け、リーグを代表する顔となってもらいたい。

なお、昨季のウィギンスは81試合に出場し、平均35.1分のプレイで20.7得点、3.6リバウンド、2.0アシスト、1.0スティール、FG成功率45.9%、3P成功率30.0%を記録。

今季は12試合に出場し、平均36.0分のプレイで25.7得点、4.4リバウンド、2.3アシスト、0.4スティール、FG成功率47.7%、3P成功率50.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読