マイク・コンリー オールスターとみなされないことに「すごく不満」

【PR】

メンフィス・グリズリーズのマイク・コンリーは、リーグで過小評価されているポイントガードのひとりとされている。

この夏にグリズリーズと巨額契約を結び、グリズリーズの復活を託されたコンリー。

今季ここまではキャリアベストのシーズンを送っており、ここ最近のグリズリーズも好調だ。

一方で、ウェスタン・カンファレンスのポイントガードのポジションにはステフィン・カリーやクリス・ポール、ラッセル・ウェストブルックという偉大なポイントガードがいる。

それゆえに、コンリーはいまだオールスターの評価を得られていない。

オールスターと評価されないことについて、コンリーは次のようにコメント。the Star Tribuneが伝えている。

「すごく不満。でもチームのみんなは俺のことをオールスターだと思ってくれてる。俺も自分をオールスター・カリバー・ガイだと思ってるんだ」

「こんなプレイを続けないとね。毎年良くならないと」

コンリーの活躍もあり、グリズリーズは現在5連勝中。

昨季は負傷離脱者が相次ぐという不遇に見舞われたものの、コンリーを中心として復活を遂げてもらいたい。

なお、昨季のコンリーはレギュラーシーズン56試合に出場し、平均31.4分のプレイで15.3得点、2.9リバウンド、6.1アシスト、1.2スティール、FG成功率42.2%、3P成功率36.3%を記録。

今季は13試合に出場し、平均32.6分のプレイで19.2得点、3.5リバウンド、5.6アシスト、1.5スティール、FG成功率45.1%、3P成功率49.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読