スティーブ・カーHC ケビン・デュラントのディフェンスに「驚いてない」

【PR】

アンドリュー・ボガットやフェスタス・エジリなどのビッグマンを放出したことにより、ゴールデンステイト・ウォリアーズはインサイドに弱点を抱えると予想されていた。

だが、現時点でインサイドが大きな弱点になっているとは感じられない。

San Jose Mercury Newsによると、ウォリアーズはリーグ4位となる平均6.1ブロックショットを記録しており、これは昨季とほぼ変わらない数字だという。

チームを率いるスティーブ・カーHCは、チームのブロックショットについて次のようにコメントしている。

「今の我々のブロックショットは、これまでとは違う形できてる。これまではボガットとエジリからきてたよね。今はKD(ケビン・デュラント)とドレイモンド(・グリーン)、アンドレ(・イグダーラ)からきてるんだ」

デュラントはすでに18ブロックショット、25スティールを記録しており、ディフェンスでも貢献しているが、カーHCはデュラントのディフェンスに驚いていない。

「(デュラントのディフェンスには)本当に驚いてないよ。昨季のプレイオフ7試合で我々は彼を見てたからね。彼は我々に対してそういうディフェンスをしてた。彼は優れたディフェンダーなのさ」

まだケミストリーを構築中のウォリアーズは、ここまで12勝2敗。

平均得点はリーグ唯一となる110点(117.1)を上回っているものの、平均失点はウェスタン・カンファレンスワースト5位。

インサイドのディフェンスがさらに強化することができれば、再び素晴らしいシーズンを送るだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読