ジョン・ウォール「俺の役目は2番目の男になること」

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールとブラッドリー・ビールの関係には亀裂が入っていると噂されていた。

その理由のひとつが、ビールがウィザーずと5年1億2700万ドルというビッグ契約を結んだことにウォールが嫉妬したためと噂されているが、ウォールがこの噂を否定。

そして、ビールの能力を認め、自身の役割について次のように言及した。Bleacher Reportが伝えている。

「俺が言うすべては、彼(ビール)に稼がせるということ。俺はオールスターに選ばれるまでそれに値しなかった。俺は自分自身で稼いだんだ」

「ブラッドはこのチームにおいて多分ベストスコアラーだよね。俺の仕事は2番目の男になること。平均20得点くらいのアベレージを記録して、チームメイトたちを巻き込んでいく。ディフェンスで牽引する。それが俺の役目さ」

苦しい出だしを切ったウィザーズだが、ここ3試合で2勝。

ウォールとビールの間にもはやわだかまりはない。

早い段階で上昇気流に乗り、プレイオフ復帰を目指したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA