ケビン・デュラント レイカーズに過去のサンダーを重ねる

【PR】

新生ロサンゼルス・レイカーズは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとの今季初対戦を勝利で飾るも、その後の2対戦は大敗を喫した。

2試合目ではディアンジェロ・ラッセルが、3試合目ではラッセルとニック・ヤング、ジュリアス・ランドルという先発3選手が欠場したことも大敗の要因となったが、若いチームだけに、大敗が続くと内部不和につながってしまうというリスクがある。

同じような状況を経験したことがあるケビン・デュラントは、レイカーズに過去のオクラホマシティ・サンダーを重ね、アドバイスを送った模様。デュラントのコメントをOrange County Registerが伝えている。

「彼ら(レイカーズ)は互いにプレイを楽しんでるよね。ルーク・ウォルトンが文化を少し変えたんだと思う。ああいう環境のチームにいたことがあるけど、若いとコートに出て向こう見ずにゲームを楽しみたいと思うものさ」

「(当時のサンダーには)俺と同じようにハングリーで勝利を求める男たちがたくさんいた。ゲームに負けた時でもうろたえることはなかったよ。確執もなかった。俺たちはそれがプロセスであることを理解してたからね」

サンダー(当時はシアトル・スーパーソニックス)は2007年のドラフト2位指名でデュラントを獲得すると、その翌年のドラフト4位指名でラッセル・ウェストブルックを獲得。

二人が揃った2008-09シーズンは23勝59敗に終わった。

だが、その翌シーズンからプレイオフに進出し、2011-12シーズンにはファイナルまで勝ち上がっている。

レイカーズもかつてのサンダーのように再建を成し遂げ、再びリーグを牽引するチームとなってもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読