ジョーダン・クラークソン「ルーク・ウォルトンのためならセンターだってやる」

【PR】

今季からロサンゼルス・レイカーズを指揮しているルーク・ウォルトンHCは、すでに選手たちから厚い信頼を寄せられている。

チームにも和が感じられ、プレイオフ進出を期待させるパフォーマンスを続けているが、これまで先発起用されていたジョーダン・クラークソンはベンチ起用となった。

先発からベンチに変更された場合、プレイヤーの中には自身の役割に不満を持つ者もいる。

だが、クラークソンはウォルトンHCのためならどんな役割でも受け入れる考えのようだ。クラークソンのコメントをthe Orange County Registerが伝えている。

「もし俺がセンターのポジションでプレイしないといけないなら、俺はやるよ。彼(ウォルトンHC)のためにね」

そう話すクラークソンだが、新生レイカーズはどこからでもスコアリングできる能力を秘めており、セカンドユニットもスターターと変わらないパフォーマンスを続けている。

「レイカーズにゴールデンステイト・ウォリアーズの文化を持ってくる」とし「今季の成績は気にしない」と以前話していたウォルトンHCだが、信頼関係は確実に構築され、それがレイカーズの躍進につながっているのだろう。

なお、今季のクラークソンは18試合に出場し、平均27.7分のプレイで15.4得点、2.7リバウンド、2.3アシスト、1.9スティール(キャリアハイ)、FG成功率46.0%(キャリアハイ)、3P成功率34.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読