ステフィン・カリー ホーネッツ移籍の可能性について「レーダーの範囲内」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、来年夏にFAになる。

現時点ではウォリアーズと再契約する可能性が高く、カリー本人も「他でプレイする自分を見るのは難しい」としているが、その一方でホームチームであるシャーロット・ホーネッツ移籍の可能性も除外していないようだ。

カリーはホーネッツ移籍の可能性について次のようにコメント。the Charlotte Observerが伝えている。

「(ホーネッツ移籍は)俺のレーダーの範囲にあるよ。だけど、今は本当に意識してない。間違いなく俺はシャーロットと強い結びつきがある。それにそこ(ホーネッツ)でプレイしたかった。ただ、今いる都市がすごく快適なんだ。この夏にどうなるのか言うのは難しいよ」

おそらくシャーロットへの気遣いも含めたコメントだろうが、可能性がゼロではないことを知ったホーネッツファンは期待せざるを得ないだろう。

なお、今季のカリーは18試合に出場し、平均33.6分のプレイで26.6得点、4.1リバウンド、5.9アシスト、1.4スティール(キャリアワースト)、FG成功率49.4%、3P成功率42.1%(キャリアワースト)を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA