デリック・ローズ「残りの人生をニューヨークでプレイしたい」

【スポンサーリンク】

オフのトレードでニューヨーク・ニックスに移籍したデリック・ローズは、来年夏に完全FAになる。

ニックスはローズに新たな契約を用意すると噂されているが、ローズ本人もニックスとの再契約を希望しているようだ。

自身の契約とニックスの現状について、ローズは次のようにコメント。SLAM Onlineが伝えている。

「俺は1年契約下にある。もちろん、残りの人生をここでプレイしたい。ただ、時間がかかるだろうね。みんながフィットする方法を見つけるまで我慢が必要だ。一度フィットすれば、そこから前に進み始めるだろう」

「どうやって試合に勝つかを見つけ出す。チームには10人の新しいプレイヤーが加わった。彼らはここでの基盤ができてないと思う。俺たちは文化を構築してるところさ。今は基盤を固めてるところなんだ」

これまで大きな怪我を経験してきただけに、ニックス側としてはローズの健康状態が気になるところだろう。

もし安定してプレイできるようなら、ニックスはローズに再契約をオファーするに違いない。

なお、今季のローズは19試合に出場し、平均32.2分のプレイで16.8得点、4.2リバウンド(キャリアハイ)、4.8アシスト、FG成功率44.5%、3P成功率25.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA