ジェイムス・ハーデン ドレイモンド・グリーンの「不自然」発言に反撃

【PR】

今季のドレイモンド・グリーンは、コート上でのプレイだけでなく“足技”でも注目を集めている。

先日のヒューストン・ロケッツ戦ではジェイムス・ハーデンにかかと落としを見舞い、フェニックス・サンズ戦ではマーキース・クリスにキックを食らわせたグリーン。

これからもグリーンの足技には注目が集まるだろうが、グリーンはハーデンのファウルをもらう動きを嫌っている。



グリーンは先日、ドライブインの際のハーデンの動きが「不自然」と指摘。

ハーデンとしてもファウルをもらうための動きだろうが、ハーデン本人がグリーンの「不自然」発言に反撃したようだ。ハーデンのコメントをSports Illustratedが伝えている。

「俺はあれを不自然とは言わない。俺はただバスケットに向かって行って、両手を上げてるだけ。君たちが教えられてるようにね。もし俺の腕をつかめば、それはファウル。どんなリーグにおいても、バスケットボールというスポーツの中ではすごく自然なことさ」

「中には俺のプレイをうまくコピーしてる人間もいる。名前を挙げるつもりはないけど、たくさんの人たちが俺の動きをしてる。接触を狙ってバスケットに向かって行く動きをね」

カイリー・アービングやポール・ジョージ、ダマー・デローザンなど、ドライブインの際に両手を伸ばし、ファウルをもらうプレイヤーはたくさんいる。

ハーデンの言葉を鵜呑みにするのなら、彼らはハーデンのプレイをコピーしているということになるのだろうか。

流行を作り出した先駆者として、ハーデンには新たなテクニックを編み出してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】