トレード噂のアンドリュー・ボガット 膝負傷で2週間の離脱へ

【スポンサーリンク】

ダラス・マーベリックスはゴールデンステイト・ウォリアーズのスターターだったハリソン・バーンズとアンドリュー・ボガットをこの夏に獲得した。

だが、マブスは低迷しており、早くもプレイオフ進出が難しい状況に陥っている。

ダーク・ノビツキーの負傷離脱なども影響していると考えられるが、ノビツキーだけでなく、ボガットまで離脱することになった模様。

ESPNによると、ボガットは右膝を負傷し、少なくとも2週間の離脱が見込まれているという。

しかし、復帰後は十分な出場機会を得ることができないかもしれない。

ボガットにはトレードの噂が浮上しており、プレイオフ進出の可能性が絶たれた場合、マブスはボガットをトレードで放出すると噂されているのだ。

チームは低迷し、ボガットも今季はキャリアワーストのシーズンを送っているだけに、トレードの可能性は十分あると言えるかもしれない。

なお、今季のボガットは16試合に出場し、平均25.0分のプレイで3.8得点(キャリアワースト)、10.3リバウンド、2.2アシスト、0.9ブロックショット、FG成功率47.5%、フリースロー成功率27.3%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックス、ウォリアーズ、マブスで通算660試合に出場し、平均29.3分のプレイで10.2得点、9.0リバウンド、2.3アシスト、1.6ブロックショット、FG成功率53.3%、フリースロー成功率55.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA