ケビン・デュラント 60得点のクレイ・トンプソンに「80点以上とれた」

【PR】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは先日のインディアナ・ペイサーズでキャリアハイとなる60得点を記録した。

第3Q中に60得点をあげ、同Q終盤にベンチに下がったトンプソンは、最終Qをベンチで観戦。

トンプソンの偉業の瞬間をコートサイドで見ていたケビン・デュラントは、トンプソンのパフォーマンスについて冗談を交えながら次のようにコメント。the Mercury Newsが伝えている。

「彼(トンプソン)は80得点あげるべきだった。正直言うとね。彼は3Pを14本打った。ミスした6本はたぶんオープンだったよね。彼はフリースローをミスした。レイアップをブロックされた。ベンチでそのことについて話をしたんだ。彼は『70点はあげるべき』と言ったから、俺は『80点以上いけたよ』と返したよ。彼はそうするために完璧じゃなきゃいけなかった」

トンプソンはこの日、14本中8本の3Pを含むFG33本中21本(63.6%)を成功。

フリースローは11本中10本を成功させた。

仮に第4Qもコートに立っていれば、70得点もしくは80得点も夢ではなかっただろう。

ウォリアーズは次戦、強豪ロサンゼルス・クリッパーズと対戦予定。

トンプソンのパフォーマンスには注目が集まることになりそうだ。

なお、今季のトンプソンは21試合に出場し、平均34.0分のプレイで22.5得点(キャリアハイ)、3.5リバウンド、2.1アシスト、FG成功率48.1%(キャリアハイ)、3P成功率39.2%(キャリアワースト)を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】