セルティックス アンドリュー・ボガットのトレード獲得を計画か?

【スポンサーリンク】

この夏にゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスに移籍したアンドリュー・ボガットにはトレードの噂が浮上している。

負傷離脱中のボガットだが、マブスは苦しいシーズンを送っており、プレイオフ進出も難しい状況。

もしプレイオフに進出できないことが決まれば早々に立て直しに入り、その一環としてぼガットをトレードで放出すると噂されている。

ディフェンスに定評のあるボガットには複数のチームが興味を示すとされているが、その1チームに挙げられているのがボストン・セルティックスだ。

ESPNによると、セルティックスはディフェンス力とリバウンド力があるビッグマン獲得を狙っており、ボガットがターゲットになっているという。

一方で、マブスはボガットに高い価値があると考えており、セルティックスがボガットをトレードで獲得するためにはそれなりの交換条件を提示しなければならないだろう。

2月のトレード期限までには何かしらの動きがありそうだ。

なお、今季のボガットは16試合に出場し、平均25.0分のプレイで3.8得点(キャリアワースト)、10.4リバウンド、2.2アシスト、0.9ブロックショット、FG成功率47.5%、フリースロー成功率27.3%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックス、ウォリアーズ、マブスで通算660試合に出場し、平均29.3分のプレイで10.2得点、9.0リバウンド、2.3アシスト、1.6ブロックショット、FG成功率53.5%、フリースロー成功率55.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA