マジック トレードでスコアラー獲得狙いか?

【スポンサーリンク】

オーランド・マジックは今年のオフにサージ・イバカとビスマック・ビオンボを獲得し、ディフェンスの強化に成功した。

それは実際に数字に表れており、現時点でマジックの平均失点はデトロイト・ピストンズに次ぐイースタン・カンファレンス2位。

一方、オフェンス面ではスコアリングが課題となっている。

The Orlando Sentinelによると、マジックはこの課題を解決するため、トレードでスコアラーを獲得することを検討しているという。

現在のロスターにおいて今季限りで契約満了となるのは、イバカ、ジェフ・グリーン、ジョディ・ミークス、CJ・ウィルコックス。

彼らがトレード要員となる可能性がありそうだが、トレードが実現しない場合は来年夏のFA市場でスコアラー獲得を狙うことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA