ウルブズ フロントプレイヤーのトレード獲得を計画か?

【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンス、カール・アンソニー・タウンズという二人のルーキー・オブ・ザ・プレイヤーを擁するミネソタ・ティンバーウルブズだが、今季も苦しい時間を送っている。

その大きな要因のひとつとして挙げられるのは、やはりベンチ層だろう。

ESPNによると、ウルブズのベンチメンバーの平均得点はリーグワースト。

この状況を打開するため、トム・ティボドーはセカンドユニットでプレイするフロントコートプレイヤーのトレード獲得を狙っている模様。

それがウィギンスやタウンズ、ザック・ラビーンの負担軽減につながるともされている。

ベンチメンバーとして起用されているコール・オルドリッチ、ジョーダン・ヒル、ネマニャ・ビエリツァ、エイドリアン・ペインあたりがトレード要員となる可能性が高いだろう。

チームの再建を加速させるため、2月のトレード期限までに何かしらの動きがあるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA