サンダー&ロケッツ&ペイサーズ ルディ・ゲイのトレード獲得に関心か?

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのルディ・ゲイは、来年夏にプレイヤーオプションを破棄し、FAになることをチームにすでに伝えたとされてる。

そのため、ゲイにはトレードの噂が浮上することとなったが、ゲイのトレード獲得にオクラホマシティ・サンダー、ヒューストン・ロケッツ、インディアナ・ペイサーズが興味を持っている模様。

だが、ゲイを獲得するためにはそれなりのトレード要員を用意しなければならない。

the Verticalによると、これら3チームはゲイのトレード獲得に興味は持っているものの、トレードに見合う要員を提供できないため、トレードが成立する可能性は高くないという。

とはいえ、オプション破棄をキングスにすでに伝えているのであれば、来年2月のトレード期限までに何かしらの動きがある可能性は高い。

今季のゲイは23試合に出場し、平均33.5分のプレイで18.6得点、6.2リバウンド、3.0アシスト、1.6スティール、FG成功率45.5%、3P成功率34.9%を記録。

キャリアを通してメンフィス・グリズリーズ、トロント・ラプターズ、キングスで通算746試合に出場し、平均35.6分のプレイで18.4得点、5.9リバウンド、2.3アシスト、1.3スティール、FG成功率45.2%、3P成功率34.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA