グリズリーズ ポイントガードのトニー・ダグラスを解雇

【スポンサーリンク】

メンフィス・グリズリーズがポイントガードのトニー・ダグラスを解雇した模様。

The Verticalによると、ダグラスの解雇はロスターにスペースを設けるためであり、離脱中のプレイヤーの復帰が近づいているという。

ダグラスはポイントガードのマイク・コンリーが骨折で離脱した後にグリズリーズと契約。

解雇となってしまったものの、ポートランド・トレイルブレイザーズ戦ではチームを勝利に導く重要なプレイを成功させただけに、他のチームから声がかかる可能性も十分あるだろう。

なお、離脱中のチャンドラー・パーソンズとジェイムス・エニスは間もなく復帰できるとされている。

ダグラスはグリズリーズで6試合に出場し、平均17.8分のプレイで5.8得点、2.7リバウンド、2.7アシスト、1.0スティール、FG成功率38.9%、3P成功率27.3%を記録。

キャリアを通してニューヨーク・ニックス、ヒューストン・ロケッツ、サクラメント・キングス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、マイアミ・ヒート、ニューオーリンズ・ペリカンズで通算376試合に出場し、平均19.2分のプレイで7.8得点、2.2リバウンド、2.3アシスト、0.9スティール、FG成功率40.5%、3P成功率35.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA