アレン・アイバーソン「疲れや痛みは問題じゃなかった」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCは先日、カイリー・アービングに加え、レブロン・ジェイムスとケビン・ラブにも休養を与え、試合に出場させなかった。

スタープレイヤーを見るために遠方から訪れたファンは悲痛の声をあげ、ルーHCの起用法に疑問視する意見も出ている。

ただ、スタープレイヤーを休養させたのはルーHCが初めてではない。

サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHCも、特にベテランプレイヤーに対しては躊躇なく休養を与える戦略をとっているのだ。

この問題を受け、ヒューストン・ロケッツのマイク・ダントーニHCは「休養期間を設けるべき」との意見を発した。

では、一昔前のプレイヤーはどう考えているのだろうか?

この夏に殿堂入りを果たしたアレン・アイバーソンは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「こんなことになるなんて(当時は)考えることもなかったよ。俺みたいに戦うのを愛する男にとって、疲れや痛みは問題じゃないんだ」

「だけど、それぞれのこと。もしそれ(休養)が彼らを助け、彼らのチームを助けるなら、そうすべきかもしれないね」

健康な状態にもかかわらずスタープレイヤーに休養を与える戦略は、リーグのハードなスケジュールも要因のひとつだ。

そのため、来季から開幕時期が前倒しされ、バック・トゥ・バックの試合は減少する見込みとなっている。

とはいえ、スタープレイヤーに休養を与える戦略は変わらないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA