メイヤーズ・レナード デマーカス・カズンズのマウスピース問題に「失礼」

【スポンサーリンク】

先日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で、サクラメント・キングスのデマーカス・カズンズは55得点のパフォーマンスを見せ、チームを勝利に導いた。

だが、カズンズのある行為が議論を巻き起こしている。

カズンズは試合終盤に3Pプレイを成功させ、その直後にブレイザーズのベンチに向かってマウスピースを吐き出した。

この行為に対し、レフェリーはカズンズにこの日2度目となるテクニカルファウルをコール。

退場処分となったカズンズは走ってロッカールームへ下がったものの、オフィシャルの協議の結果、カズンズはマウスピースをただ吐き出しただけと判定された。

カズンズのテクニカルファウルは取り消され、試合に復帰したカズンズはダミアン・リラードのレイアップをブロック。

勝利を決定づけるビッグプレイを見せた。

問題の瞬間をベンチで見ていたメイヤーズ・レナードは当時を振り返り、次のようにコメント。The Oregonianが伝えている。

「彼はすごくスキルがあるプレイヤー。彼はすごく良いゲームをした。だけど、彼の気まぐれな行為は度を超えてるよ」

「彼は失礼だし、言い過ぎ。あのような行為をする人間を俺はリスペクトできないね」

一方のカズンズは、自身が過度にテクニカルファウルをコールされているとし、オフィシャルに対する不満を漏らしている。

映像ではマウスピースを故意に吐き出したようにも見えるが、退場処分が取り消されるというケースはほとんどないだけに、しばらく議論が続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA