ドレイモンド・グリーン 昨季ファイナルでの出場停止に「今でも不思議」

【スポンサーリンク】

昨季のファイナルは、レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズが歴史的な逆転劇でゴールデンステイト・ウォリアーズを下し、悲願のタイトル獲得を達成した。

キャブスが勢いに乗った要因のひとつは、ドレイモンド・グリーンに科せられた出場停止処分だろう。

グリーンはジェイムスに足技を見舞ったことで第5戦に出場できず、グリーン、および膝の負傷で離脱したアンドリュー・ボガットを欠いたウォリアーズは3連敗を喫してしまった。

だが、グリーンは今でも出場停止処分に納得していないようだ。グリーンのコメントをThe Undefeatedが伝えている。

「誰かが俺の上をまたぐなら、俺はいつだって反応するつもりさ。あのプレイを振り返ると今でも不思議だよ。『なんで俺が出場停止処分なんだ?』とね。俺にコントロールできることじゃないけど、あのようなポジションに自分を入れたくない」

グリーン擁するウォリアーズは、クリスマスゲームでキャブスと対戦する。

ウォリアーズはもちろん、グリーンにとってもリベンジの一戦となるだろう。

ウォリアーズ対キャブスのクリスマスゲームは日本時間26日午前4時30分にティップオフだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA