ジョージ・カールの著書 キングスへの批判を一部カットか

【スポンサーリンク】

1月に発売される予定の著書の中で、ジョージ・カールはカーメロ・アンソニーやJR・スミスなど元デンバー・ナゲッツのプレイヤーを批判していると報じられている。

また、サクラメント・キングスのデマーカス・カズンズやブラデ・ディバッツ、ビベク・ラナディベに対する批判も含まれているとされていたが、この部分については削除されるようだ。

ESPNによると、キングスから解雇される際、カールはチームの批判を控えることで和解していたという。

解雇当時はカール、キングスのフロントオフィス双方とも互いに称え合うコメントを残していたが、裏ではさまざまな思惑があったのだろう。

カールとキングスの間にあった真実が明かされることはこれからもないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA