トレード噂のウィル・バートン「ナゲッツの一部でありたい」

【スポンサーリンク】

デンバー・ナゲッツのウィル・バートンにはトレードの噂が浮上している。

この噂はトレードが実現するまで、もしくは2月のトレード期限が過ぎるまで続くことになるだろうが、バートン本人はトレードの噂を気にしつつも、ナゲッツでのプレイに集中しているようだ。バートンのコメントをDenver Postが伝えている。

「トレードの噂に注視することはないよ。自分の意識をそこに持っていくつもりはないし、意識は今現在にある。俺はここにいる。ここが好きなんだ。チームメイトたちのために毎日ハードに働き、パフォーマンスし、勝利を手にするよう努めてる。俺が気にしてるのはそれがすべてさ。デンバー・ナゲッツにただ集中するんだ」

「彼ら(ナゲッツ)は俺がここにいたいってことを知ってる。ここのコアの一部でありたい。俺たちはすごく前進してると思う。第8シードを狙えるんだ。チームは健全な状態になったと思うし、俺はその一部でありたい。それは彼らも分かってる」

キャリア5年目を迎えているバートンは、毎年スタッツを伸ばしてきている。

ナゲッツにおいても重要なプレイヤーのひとりとして起用されているが、これからもナゲッツでプレイできるのだろうか。

なお、今季のバートンは19試合に出場し、平均30.9分のプレイで14.6得点(キャリアハイ)、4.8リバウンド、2.7アシスト(キャリアハイ)、FG成功率44.7%(キャリアハイ)、3P成功率38.0%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してポートランド・トレイルブレイザーズとナゲッツで通算27試合に出場し、平均19.1分のプレイで8.5得点、3.5リバウンド、1.6アシスト、FG成功率42.4%、3P成功率31.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA